■BB BOX ハンドメイド からくり オートマタ
■BB BOX Modern automata Yoshihiro Banba
メモとニュース
The note and news
Home Site map オートマタ Automatas e-mail
■思いついたことを忘れないうちに書いておこうと思います。勝手なことを書いています。
<<前のページ  | 次のページ>>
2010年5月1日(土)
私の夢!

ダラダラ坂を15分ほど下ると
海岸に出るところに住みたい。私の夢だ。

私は現在、どちらかといえば山の方に住んでいる。
「矛盾しているやないか?」と言われればそのとうりなのだが、
住家を今のところに決めた当時は、海から仕事場まで距離があったことが原因だった。

2番目の候補である山が見えるところに決めた。
今でも海の近くに住む夢が捨てきれない。それはこんな夢だった・・・


海岸線ギリギリに家を建てる。道路と海岸の間だ。
書斎(書斎があるのだ!)の海側のドアを開けると木製の細い桟橋が海に突き出している。
小さな船を止めるためだ(桟橋から海に飛び込むというのもあり!)。

そのドアにはガラスの窓があって、
書斎から海を見ると書斎の床と海がつながって見えるという具合。
徹夜仕事の夜明けはコーヒーと朝の海(キザだねえ!)。

金が許せば、実行していた可能性が高かった。しかし、金が許してくれなかった。
いや、それが私の幸運だったと今は思っている。

もし実行していたら後悔していたろう?

ひとつは地震だ。世界各地で大きな地震が起きている。
先日もチリで地震があって津波情報が飛び交ったのはご存知の通り。

もし7mほどの津波でも私の夢の家は壊滅だろう?津波は20mぐらいのもあるという。
それだけではない、晴れた穏やかな海は良いだろうが、ひとたび荒れれば・・・
自然をなめてはいけない!

次は波の浸食。何年かすると土台がガタガタ。
そして塩害。クルマの錆び方は尋常ではないという。もちろん、他の金属製のものも。

テレビを見ていたら、「海辺に家を建てたり、暑い日差しの中、水着で浜ではしゃいでいたりするのは、ほとんど大和んちゅさー。
地元の人はあんなところに家は建てないさー!海で遊ぶときは夕方などの暑さが和らいだ時さー。」と沖縄の人が言っていた。

そうなのだ。もし海のそばに家を持とうと思うのなら、地元の人にアドバイスを受けるのが良い。

その後、反省をして、修正した夢の家は
(1)海から50mほどの高台にある家。15分程度歩いて下ると海(冒頭につながる)。
(2)躯体がしっかりした中古の家を買う(借りる)。
(3)寝室、水周り、リビング(なくても良いが)は金をかけて住みやすくする。
他はそのままで良い。

(4)外から見ると古い家。見てくれはもういいのだ。
(5)塩害対策をする、もしくは塩害を覚悟する。
(6)できれば愛知県の知多か渥美半島が良い。思い出があるから。

とこんな具合に変わったのだ。



ばんばよしひろ
                       
<<前のページ  | 次のページ>>
Home  オートマタ Automatas e-mail ページのトップへ To the top of page
▲当インターネット上の情報を許可無く複製・改変及び放送・有線送信などに利用する事を禁止いたします。
All duplication and modification without permission are strictry prohibited All rights reserved.
Copyright(C)2004 BB BOX All Rights Reserved.